それぞれの特徴

文房具

横浜で英会話を学びたい場合は2つの方法があります。まずは街中で見かける英会話スクールです。講師1人に対して数人たちと学んでいくクラス制です。一人で学ぶのに抵抗がある人に向いています。次は一対一のマンツーマン制です。自分のレベルに合わせてカリキュラムが組まれ、集中して講師と学習できます。月謝はグループ形式よりも割高になる傾向です。どちらも無料で体験レッスンできるスクールが多いです。横浜のどの英会話スクールにすればいいか迷っているならまずはレッスンを受けてみましょう。最近ではインターネットを利用したオンライン英会話スクールもあります。ネットから申し込んでマイクとカメラを用意すればすぐ始められます。英会話スクール以外では教材を使って独学で学ぶ方法もあります。テキストやCDデータを使って聞くことで学習します。自分のペースで勉強できるのが魅力です。しかし、リスニングは鍛えられても文法などに問題がないかチェックしづらいです。

規模の大小があります

授業

横浜の英会話スクールはそれぞれ経営する母体が違います。多くの人が思い浮かべるのが大手の英会話スクールです。全国的に展開しており、年代を問わず幅広く受けられます。独自のカリキュラム・コース・教材なども充実しているでしょう。英語をより効率的に学ぶメソッドが整っているのが特徴です。講師も一定のレベルをもっておりサポート体制もしっかりしています。多くの場合、駅の近くや町中などのアクセスの良い立地に構えています。仕事の帰りに寄って学べるのがメリットです。大手の英会話スクールごとに雰囲気や特徴は異なるので人によって向き不向きがあります。入会する前にまず複数の体験レッスンを受けてみて違いを確かめましょう。教室の雰囲気や講師・生徒の様子などを細かく確かめます。特に注意してほしいのが体験後の勧誘です。スクールによっては入会を強く迫ったり、何度も電話をかけてきたりするケースがあります。この場合、生徒よりも利益を優先としたスクールなので避けた方がいいでしょう。チェーン展開していない小規模な英会話スクールも存在します。アットホームな雰囲気で講師との距離が近く、密度の濃い学習が可能です。価格は大手と比べて安めの設定です。自宅や職場の近くにあればまずは覗いてみましょう。講師との相性もあるのでよく吟味して選んでください。他には海外の大学が日本の付属校で英会話スクールを展開している場合もあります。運営母体が大学なので、質の高い教育を受けられます。ある程度英語が話せる方にもおすすめです。現地の大学に留学できるプログラムもあるので、海外留学をしたい方にも向いています。

広告募集中